MENU

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

産後1ヶ月、赤ちゃんを育てるのに必要な費用をまとめました。
実際かかった費用をお伝えします。
子育てにお金がかかると言われますが、無駄なものを買わなけれ
ば、
苦労することが少なくなりますよ。

 

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

 

●目次
■ベビーベット 大
■ベビーベッド マットレス
■ベビーベッド 防水シーツ
■バスタオル 大
■服 新生児
■ベビー ガーゼハンカチ
■温度計 湿度計
■沐浴ガーゼ
■ベビーバス
■ベビーソープ
■湯温計
■哺乳瓶
■哺乳瓶 ブラシ
■哺乳瓶 電子レンジ消毒
■オムツ 新生児

■粉ミルク
■水道光熱費

初期費用

■ベビーベット 大
大人が寝返りして下敷きで圧死の可能性があります。
兄弟が手を出して怪我する可能性があります。
大きくなっても使える大サイズが良いです。
ベビーベッドの柵によじ登ろうとする時まで使うので、
1,2歳まで使います。
¥14,799
内寸:幅70x奥行120cm

 

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

 

■ベビーベッド マットレス
ベットにマットがセットされていない場合は必要です。
ベビーベットの寸法より同じか小さいサイズにします。
¥2,257
120cm厚さ:5cm幅:60cm

 

■ベビーベッド 防水シーツ
ミルクを吐いたり、大量に小便をしたり
汗でマットにシミが着くのを防ぎます。
¥398
サイズは80×100cm。

 

■バスタオル 大
防水シーツだけだと蒸れるのでバスタオルを敷きます。
¥619
60×120cm

 

■服 新生児
夏場は汗吸収、冬場は防寒です。
産後直後は5060cm
ですが、産後1ヶ月になると80cmのサイズにな
ります。
1日に3回着替えることもあるので予備も含め5着ぐらい必要です。
予備は大きくなっても着れるように80cmを予備にします。
¥743
5060cm

 

■ベビー ガーゼハンカチ
ミルクを飲ませるときに使います。
目くそ鼻くそを拭き取るときに使います。
沐浴で体を洗う時に使います。
ガーゼハンカチ 5枚
¥238

 

■温度計 湿度計
室内の温度を確認するためです。
¥226

 

■沐浴ガーゼ
沐浴の後、体を拭くためです。
普通のタオルは分厚いので首の隙間が拭きにくいです。
¥300

 

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

 

■ベビーバス
沐浴の浴槽に使います。
¥1,057

 

■ベビーソープ
沐浴の体を洗う石鹸です。
1個 90g
¥96

 

■湯温計
沐浴の温度を確認するためです。
¥106

 

■哺乳瓶
ミルクを飲ませるためです。
新生児は一番小さい哺乳瓶で十分です。
¥247

 

■哺乳瓶 ブラシ
哺乳瓶を洗うときスポンジだとカビが生えやすいのでブラシにしま
す。
¥409

 

■哺乳瓶 電子レンジ消毒
哺乳瓶を洗った後、消毒するのに使います。
¥899
初期費用合計
3万円
次の子供を2年後に出産すればベットも一つで良いです。
一人あたり1万5000円の費用でまかなえます。

 

■■月額費用
出産
7月23日
産後
9月2日
1ヶ月と10日経過後、
オムツがSに変わる時期までの総額です。

 

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

 

■オムツ 新生児
新生児オムツ2パック
¥2,966

 

■粉ミルク
粉ミルク2缶
¥4,350

 

■水道光熱費
水道代は沐浴するので上がります。
電気代はエアコンをつけると上がります。
追加で3000円見積もれば十分です。
¥3,000
月額費用合計
1万円

 

子育ては、お金がかかる? 産後1ヶ月の費用

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
質問があれば
遠慮なくお問い合わせください。